看護師 仕事

働く病院によって看護師の給与は変わってくる

看護師の給料は病院勤務なら大抵一緒でしょ・・・という考えはどうやら違っているようです。
確かに、公立の病院であれば公務員という大きな枠の中で、給料は等級号俸テーブルによって決まっています。しかし民間の病院も含めると病院によって給料が異なるというのは当然の話なのです。
みなさんしっかりどの病院が給料高いのか比較して病院勤務をしていらっしゃるようです。
逆にいうと、職場によって給料が大幅に違ってきますから職場さがしは安易に決めないように、ということも言えます。
病院と一言で言うもののまず公立病院と民間病院があります。
公立病院と民間病院の違いは、公立病院の方が経営が安定している面、給料も安定傾向にあります。
更に公立病院よりも給料が高いものはしっかり国に守られている国立病院ということになります。
ただし現状待遇面のお話しをすれば、公立病院が一番と言われています。
有給消化率もかなり高いですし、夏季休暇などの長期休暇も取りやすい環境にあると言われています。
また当然病院の規模や種類によっても給料は変わってくるものです。
基本は大病院の方が給料が高く、個人経営の病院の方がそれほど給料を払うことが出来ないという点です。
このあたりのことは調べれば判りやすいため、一般的に看護師の意識は真っ先に国立や公立へ向うという事態にはなっているようです。
ただし、問題は仕事の内容なので、それほど厳格に給料だけに拘る姿勢は正しいとも言えないです。
しっかり、あなたはそこで何の仕事をするのかという点にも重視していただきたいですね。