看護師 仕事

保健師の業務について

保健師というのは、地区活動や健康教育、保健指導などを通じて疾病予防や公衆衛生活動を行う地域看護の専門家を指します。こう書くとなんだか小難しい職業のように思えるかもしれませんが、保健師というのは要は地域の住人の健康を守り健康に寄与するのが仕事であるので、案外身近なところで働いているものです。地域のセミナー、健康相談会、赤ちゃんの健康相談、家庭訪問などで保健師が見かけることは結構あるのではないかと思います。

 

保健師は、働く場所によって、行政保健師、産業保健師、学校保健師に分けることができ、免許を得るには、看護師国家試験に合格し、その上で所定の保健師養成課程を修了して、保健師国家試験に合格しなければなりません。

 

保健師の業務は、多種多様です。まず、企業内健康管理があり、従業員と労働の調和を図り、健康状態と労働量の均衡を図ります。そして会社運営に適切な異動をサポートし、労務厚生費の適切な運用を指導します。組織状態をデータ報告する役割もあります。地域内健康管理の業務もあり、住民健診の計画と実施、そして評価を行います。他にも、暮らしの現場を見るために、家庭訪問も行います。地域住民の健康を預かる役割があり、相談業務を行います。保健師の業務は、学校保健に止まらず、地域という視点で子供のケアを行います。いじめや登校拒否、ひきこもりなどに対するケアも含まれていて、乳幼児から児童、生徒、成人、高齢者までと、その対象は広範囲にわたります。