看護師 仕事

保育所で働く看護師について

看護師は保育所で働くこともあります。
保育所で働く看護師は、まず子供好きでないと務まらないでしょう。また、保育所から求められることをしているだけではダメで、積極性が求められます。

 

自らが考えて行動する必要があり、何より主体性が大事で、子供や保護者ともしっかりコミュニケーションを図っていかなくてはなりません。

 

保育所で働く看護師は、子育て支援や少子高齢化対策の一環として、勤務が推奨されています。看護師不足という実態がある中、保育所には必ず看護師がいるわけではありません。保育所で働く看護師の仕事内容は、子供の健康を守るのが第一で、体調管理が非常に重要です。

 

子供は体調を崩しやすく、少しの環境の変化でも熱を出するので、保育所で働く看護師は体調管理を中心として、ケガや病気のケアをしていかなくてはなりません。また、けがをしやすいということもありますから、その簡易的な手当を行うこともあります。

 

そして日々の健康管理と並行して、定期検診も行い、メンタルヘルスも行います。保育園での看護師の仕事は、子供のケガや体調不良時の対応の他、慢性疾患を持つ子供のケアや、感染症の早期発見と対処もあります。感染症は命に関わる危険もあるので、集団感染を予防することはとても大事なことです。