看護師 仕事

助産師の業務について

助産師というのは、妊娠や出産にかかわる資格で、助産行為を行う者を指し、資格は女性のみに与えられます。助産師の業務は、法的には示されておらず、いわゆる、分娩介助になります。

 

但し、単独でできるのは、正常な経過の妊娠分娩での助産行為だけです。だから「分娩介助」なのです。正常分娩ではないような場合、医師の元でなければ行為に及ぶことはできないこととなっています。

 

つまり医療行為が発生するような事態においては助産師ができることはない(法律的に禁じられている)ということなのです。

 

従って、個人で助産師の活動をしている人で異常を確認した時は、すぐに提携の産婦人科医に連絡しなければなりません。

 

現行法においては、助産師が医行為を行うことは禁じられていて、会陰切開、会陰裂傷縫合術、局所麻酔剤などの投与は認められていません。これらは医療行為になりますからね。

 

医行為が訴訟に発展した場合、医療行為を行った助産師本人はもとより、もし医行為を認めた医師がいたとするならば、その医師も法的責任を問われます。

 

助産師の主な業務は、妊娠、出産、産褥の各時期に、必要な監督、ケア、助言をすることにあります。分娩介助をし、乳児のケアをするのが基本業務で、地域社会の中での健康カウンセリングと教育の役割も担っています。産前教育に寄与し、その業務範囲は、婦人科の一部の領域や、家族計画、育児にまで及ぶこともあります。