看護師 医師 患者

看護師と医師、患者との関係について考える。

看護師が業務上かかわりがあるのは、まず、患者さん、そして医師ですよね。看護師が働く上での患者さんと医師との関わりについて少し説明をいたします。

 

病院で治療をする上で絶対的な知識を持っているのは言うまでもなく医師となります。そのため、患者さんの治療の方針から治療の内容、そして実際の治療行為を行うのは医師です。そのために、患者さんからすると時として医師は近寄りがたい存在に移ることもあります。

 

今では少なくなりましたが、医師が病院を回診するときはたいそうな集団となって回診するケースもありこういう状態が余計に患者さんを委縮させてしまったりします。しかし、近年は患者さんは医師の言うことに黙って従っていればよいというのではなくて、患者さんも治療行為に納得して同意をしたうえで医師や看護師とともに治療行為に参加していくというアドヒアランスが重要だというのが一般的な考えです。

 

そのために、患者さんに対してサポートを行い、医師と患者さんとの橋渡し的な役割を担うのが看護師でもあるのです。看護師は、医師の指示を的確に伝えるという医療者的な立場を要求されることもあれば、時として患者さんの立場からの要求を代弁する患者さんのサポート的な役割を求められることもあります。そうした場合、医師と患者さんの板挟みにあうこともあるでしょう。医師の立場についていれば、業務としては楽ですし、間違いはないかもしれません。しかし、患者さんから信頼を得るということを考えたとたときにそれだけでは足りない部分があるというのもまた事実です。